エレファント・トークとは、上野動物園でゾウやサルほか多くの動物を飼育した経験を活かして、講演やコラムの執筆、ラジオ出演などで活躍中の川口幸男(代表)をはじめとする、動物のプロが集まった動物コンサルタントユニットです。

ワークメニュー
川口幸男プロフィール

記事一覧

ニホンザル「チロ」の話し - その1

新年明けましておめでとうございます

今年も皆様元気に過ごせますようにお祈りしています。

最近の分類はDNAの解析が進み、昔は考えられなった目(分類のもく)が一部代わっています。その一つが偶蹄目(ウシやカモシカ他)とクジラ目が近縁と判り、クジラ偶蹄目と分類され、今では分類学者たちの多くが認めています。また、霊長目の中では、類人猿と呼ばれたゴリラ、オランウータン、チンパンジー、ボノボ及び人間がヒト科に含まれ、数え方も何頭ではなく、人間と同様に何人とする学者もいます。

さて、今年は申(さる)年ですが、私は上野動物園に勤務していた時代、サル山のニホンザルとゾウを約40年間担当しました。現在は群れも入れ替わっていますが、定年頃にはサル山で生まれた子どもは6代目の子どもがいました。

今回はその中から「チロ」と命名されたサルを紹介しましょう。

チロはメスの中でも小柄で腕力も弱く、ケンカも強くないために目立たない存在でした。母親はチビコ、おばあさんはオオババアという屋久島産のサルでした。当時メスで一番順位が高く、メスガシラと呼ばれていたサルはハンガクの娘、ハサンでした。彼女はチロと対照的に向こう気が滅法強いサルで、ボスは一目も二目も置いていたサルでした。チロとハサンは同じ屋久島産ですが、血縁ではないので普段の生活はハサン一家の御機嫌を取りながら、一定の距離を隔てて接していました。

1971年(昭和46年)2月に事件は起きました。群れは交尾期の最中、私は朝、事務所に入る前にサル山の全頭について健康状態をチェックしていました。するとチロが後ろ足のふくらはぎから出血し、足を引きずっていることに気付きました。まだ負傷後あまり時間が経過していないらしく出血が多く、処置をどうするか考えながら急いで事務所に行き、獣医師や他の飼育担当者の出勤を待って対応を検討しました。

動物園にはベテラン臨床医のスタッフが揃っているので、この程度の傷なら入院治療すれば完全に回復することは請け合いです。それでも尚且、私たちが協議しているのは二者択一の選択を協議しているのです。一つはチロを捕獲する方法、2つ目は経過を見守ることです。

ファイル 71-1.jpg捕獲するためには、飼育係員がサル山の中に入って、捕獲用の玉網(約1~1.2mの樫の柄の棒に直径40センチ、長さ50センチの漁網がついているもの)を使って捕獲します。しかし、そのために例えば飼育員5人がサル山に入ると、サルたちは全員自分が捕獲対象になっていると錯覚し、慌てふためき避難を始め、やがて恐怖が限界にくると、なかには11mもある山の頂上からコンクリートの地面に飛び降りるサルも出てきます。普段なら決してそんな無謀なことはしませんが、人間に捕まるより飛び降りる方を選ぶのです。それはビルの三階の部屋が火事になり、逃げ場を失った人が火勢に追われて地上に飛び降りるようなもので、非常に危険です。

ふつう予防注射などで捕獲をする場合、サルが飛び降りても骨折をしないように、山の周囲にネットやマットを敷き詰めて事故を未然に防ぐ手立てを講じているのです。また、捕獲作業は短時間で終了しないと、追われるショックで恐慌を来し、ついには酸欠状態を呈しショック死を招くこともあります。そのため飼育係員が総出で綿密な計画を立て実行します。さらにチロは足を負傷中なので、逃げまどうと高所から落下することが懸念されます。

観察を続けていると、今回のチロのふくらはぎからの出血は多量とはいえ、命に別状のあるほどではないようです。彼女は私と目が会うとそっぽを向いて顔を会わせるのを避けるそぶりが見えました。彼らは病気や怪我をすると飼育係が大勢やってきて捕まえられ、どこかに連れて行くのを経験で知っているのです。それで、どこも痛くありません。と平静を装って私に弱みを見せまいとしているのです。私たちは出血の状況やちょっとした動きの変化、山のどこにいるか、ほかのサルたちのチロへの関心、だれが攻撃し、だれが援護しているか、昨日は餌を食べていたか、などをすばやく総合して判断します。こんな場合、ベテランの獣医師と私たち飼育係の経験が頼りです。

この朝、私たちはチロの出血が止まるか否か、他のサルとの関係の他にも、昨日からの採食状況から餌は採食していることがわかっていました。しかし、捕獲となると他のサルの赤ちゃんをはじめ、多くのサルが逃げることによってチロと同様、あるいは更に重い怪我をする可能性が強いと判断し、チロを捕獲して治療することを断念し、経過を観察していくことにしました。幸運なことに午後になると出血は止まり、他のサルが再び攻撃することがないのを確認し、みんなでほっと胸をなでおろしました。

2015年の干支、ヒツジにまつわる昔話

ファイル 70-1.jpg
明けましておめでとうございます!


2015年の干支にちなみヒツジにまつわる昔話を紹介しましょう。

-*-*-*-*-*-

- 羊を贈る -

中国は親孝行の国として有名な国です。

むかしむかし、おじいさんとおばあさんの息子は良縁に恵まれ、結婚して幸せに暮しはじめました。やがて待ち望んでいた男の子を授かりました。やさしい夫婦は一人っ子を大切に思い、あまやかせて育ててしまいました。わんぱく盛りの年頃になると、息子はなんでも自分の思うように通そうとして、わがままの限りをつくします。夫婦はほとほと困ってしまいました。

初夏がきて麦が金色にかがやくころに、実家に帰った夫婦は息子のこのありさまを涙ながらに両親に話しました。それを聞いた両親は

「麦刈りが終わったあとで孫に会いに行ってあげよう」

と言ってくれました。約束通り、おじいさんは飼っているヒツジの母子を連れて孫に会いに来ました。

孫はヒツジの子とおおよろこびで遊んでいました。子ヒツジは孫に追いかけられて母ヒツジから遠く離れてしまいました。すると母ヒツジが「メー、メー」と鳴きました。母親の声を聞くと、子ヒツジは急いで戻ってきました。そして、母親のおなかの下にひざまずくと、お乳を飲み始めました。やがて腹いっぱいになると満足してぐっすりと眠ってしまいました。

そこで孫はおじいさんにたずねました。

「おじいさん、おばあさん、どうしてお母さんは鳴いたの?」

ファイル 70-2.jpg「それはね。お母さんは子どもが遠くに行ってしまうと心配だ。それでお乳の時間だよ、と呼んだのさ。お母さんは子どもがそばにいれば安心できるし、子ヒツジはお乳を飲めれば満足だろう。お乳を飲んで大きくなったということを、良く知っている。それで、かならずひざまずいて飲むのさ」

そして、おじいさんは話をつづけました。

「人間も同じだ。みんなお母さんのお乳を飲んで大きくなっているんだ。子どもを育てることは、とてもたいへんなことだ。いつも、おなかをすかせていないか、冬、寒くないか、夏になれば暑くてかわいそうだからすずしいところに行こう、とね。お父さんとお母さんは、いつもお前のことを心配しているんだよ。だから、両親の言いつけを守れない子どもは、ヒツジより聞き分けのない子どもだと、みんなから笑われるんだ」

これを聞いて、孫は言いました。

「おじいさん、おばあさん、ぼくが悪かったよ。これからは、お父さんとお母さんのいうことを聞くよ」

それからおじいさんとおばあさんは、毎年孫にヒツジを贈り、孫は年を追うごとに良い子になりました。この話が広まってくると、他のうちでもヒツジを贈って孫のしつけをするようになったそうな。

-*-*-*-*-*-


干支のヒツジは日本やアジア各国でも使っていますが、ベトナムではヒツジの代わりにヤギが干支になります。
ヒツジは8,000~10,000年前から家畜として飼育され、2012年国際連合食糧農業機関(FAO)の集計によれば、世界ヒツジの飼育頭数ランキングの第1位は中国の1億8700万頭、第2位インド7500万頭、第3位オーストラリア7472万頭、日本は世界158位で12000頭(2010年)でした。
日本の減少理由は、気候が高温多湿で寒冷地を好むヒツジに適さなかったことや、国土が狭く大きな群れで放牧する農家が少なかったことに起因していると考えられます。

世界中では10億頭以上が飼育され、ラムやマトンになり、人々は肉や乳、チーズなど舌鼓を打って食し、腸はテニスラケットの弦、脂肪は化粧品の材料として使われています。さらに、家に入ればムートンを敷き、毛で編んだセーターを着、外出の時はウールのコートにマフラーを巻くなど、いやはや、まさに捨てるところがないくらい広範囲に利用され、お世話になっているのです。

やさしい外観は見る人の心を和やかにしますが、ヒツジはその代表的な動物の1種でしょう。

今年はヒツジにあやかっておだやかな年になりますように一緒にお祈りしましょう!


本年もエレファント・トークをよろしくお願い申し上げます。

川口幸男・中里竜二・大高成元(写真家)・伊藤政顕・新宅広二
川口明子・金井慎人・金井理恵

干支の羊について、詳しい情報を知りたい方は、へーベルハウスのホームページを参照してください。

午年にちなみ馬にまつわる話し

ファイル 69-1.jpg

年初めに今年の干支にちなんでウマにまつわる話をいくつか紹介しましょう。

大願成就に奉納する絵馬の歴史

家族や恋人、あるいは一人で初詣に神社へ参拝し絵馬を奉納して大願成就をお願いした方も多いと思います。この絵馬の由来なのですが、昔は貴族など特権階級の方が生きた馬を奉納したそうです。当時のウマは現在ならば車が買えるほどの貴重な動物ですから庶民では手がでません。そこで庶民も奉納できるように1,000年くらい前から木の板にウマの絵を書いて祈願するようになりました。人々は神社に絵馬を奉納し願い事を託したことで、心が晴ればれとして正月気分になったことでしょう。
昔から現在まで変わらない絵馬の役割と言えそうです。


いつ頃からなんのために家畜にしたのでしょう

ウマの家畜化はいまからおよそ6,000年前と考えられていますが、ウシ、ヤギ、ヒツジ、ブタなどの大型の家畜はすでに約1万年前から飼育が始まっていました。ウマの方が家畜化は遅いのですが、家畜を飼う当初の目的は食糧確保のためで、初期の動物の方が扱い易く、乳や毛皮、羊毛など利用できる点で優れていたと推察できます。

家畜化した野生ウマについては諸説ありますが、アジアや西欧に生息していたタルパン、シンリンタルパン、モウコノウマの3種が家畜ウマの原種と考えられています。野生のタルパンはすでに絶滅し、現在残っているのはモウコノウマ1種類です。この記事の写真の馬がすべてモウコノウマです。

ファイル 69-2.jpg

野生のモウコノウマは絶滅しましたが1899年に初めて飼育に成功しました。そして、ヨーロッパの動物園で飼育していた個体が幸運にも生き残り繁殖した約400頭をモンゴルの野生保護区に野生復帰させるために放すほどになっています。世界中のモウコノウマは本種の保存をするために血統登録を行い、近親交配を避けながら世界各地の動物園に分散させて飼育管理をしています。多摩動物公園は昨年すばらしいモウコノウマの飼育展示場を完成させて飼育しています。興味のある方は足を運んで背中の素敵なたてがみをなびかせ逞しく走る姿を楽しんでください。


アニマルセラピーで活躍

日本でアニマルセラピーと言えば、イヌやネコが有名で家族構成が少ない、あるいは高齢化で話し相手の少ない家庭ではこれらのペットが家族の一員となっています。また、病院や介護施設などを訪問してペットと触れることで心を癒してくれる、ことが知られています。

一方、欧米ではイヌ、ネコの他に乗馬がアニマルセラピーに良いとされています。背景にはヨーロッパ人の祖先は狩猟民族で、ウマが家畜化されると現在の車と同様に彼らの生活にとってかけがえのない有能な動物になりました。肉用から使役、そして娯楽の乗馬、競馬やポロ競技、と時代と共に変遷しましたが、人々の生活が豊かになる一方で、その目的の一つに乗馬がアニマルセラピーとして脚光を浴びるようになったのです。背中が平らで目の前に頭を上げればちょうど良い高さに頸があり、人間が乗るために生まれてきた動物と表現する人もいます。今から20~30年前サーカスが来日するたびにその裏側を訪問して、どのように調教しているかお話を伺っていました。10頭くらいを調教していた女性のウマの調教師は狭い曲芸場で回転させたり、後肢だけで歩かせたり、さまざまな芸を披露していました。長い鞭を持っていましたが叱るのではなく、合図を送るために必要だそうです。ウマは優しく接すれば良く理解し、反応するので厳しく叱ってはダメと言いながら愛しそうに頬を頸に寄せていました。ウマと接するチャンスが多い欧米人はウマの記憶力や人間に対する反応が細やかで乗り手の意思を素早く読み取ることができることを良く知っています。

ウマはまっしぐらに駆け抜けると表現しますが、成就することを目標にお互いに頑張りましょう。

本年もエレファント・トークをよろしくお願い申し上げます。

 川口幸男・中里竜二・大高成元(写真家)
 伊藤政顕・新宅広二
 川口明子・金井慎人・金井理恵


干支の午について、詳しい情報を知りたい方は、へーベルハウスのホームページを参照してください。

NHK子ども科学電話相談スペシャル 番組放送30年の決定版

回答者として出演した人気ラジオ番組『夏休み子ども科学電話相談』。放送開始から30年たちました。

「クワガタはなぜ冬ごしできるの?」「マグロが止まると死ぬって本当?」「おならはなにでできているの?」など、知れば知るほど、世界は「ふしぎ」があふれています!

これまで番組に寄せられた子どもたちの疑問がいっぱいつまった本です。ぜひご覧ください。

どうして?なるほど!生きもののなぞ99 NHK子ども科学電話相談スペシャル

2013年(平成25年) 7月15日 発行 NHK出版

守り神としてのヘビ

新年明けましておめでとうございます。
本年も皆様が御健勝で幸多き年になりますようお祈り申しあげます。

ファイル 67-1.jpgヘビほど世界中で善悪の評価がわかれ、時には神様に祀られ、反対に忌み嫌われる動物もいないでしょう。
私は以前からヘビの脱皮した抜け皮を財布に入れておくと金持ちになるというお話を伺っていました。そこでヘビが大好きな友人にお願いして、大きなニシキヘビの脱皮した皮の一部を頂き財布に入れてみましたが、大金持ちになるという効果はまだありません・・・。
しかし見方を変えれば、現在まだ生きていられるのはあのニシキヘビの抜け殻のお蔭と考えることもでき、霊験灼(あらたか)と信じ感謝しましょう。
このようにヘビは世界各地で守り神としているのみならずペットや薬さらに食料としても使われ、私たちの生活の中で役立っています。

さて、私は昨年の秋にドイツの古城めぐりでロマンティック街道を旅してきました。海外旅行で動物園を訪れないのは父親と海外旅行をして以来の珍事で、ドイツまできてベルリン、フランクフルト、ハノーバー等々有名な動物園が目白押しなのに・・・と思いつつ、古城も好きな私は旅を満喫してきました。
さーて、今年はどこに行こうかと楽しみにしております。

ヘビに関する記事は、今年も又旭化成のホームページ『おもしろ動物大百科』の「新春番外編」に載せておりますのでご一読くだされば幸いです。
大百科の方は、カモノハシ目から始まり有袋目~ヒヨケザル目~霊長目、と進み、現在は食肉目のネコ科を執筆中です。監修を友人の中里龍二さん、写真家・大高成元氏のすばらしい写真と共に、エレファント・トークのメンバーで発信していきます。

それでは今年も 『ゾウ』ぞ よろしくお願い申し上げます。